超音波探傷装置・超音波探傷器・非破壊検査自動ライン装置・材料音診機
非破壊検査画像処理ソフト・アプリケーション設計・製作
Contents
Google
 超音波探傷法及び探傷装置
(特許 第4672441号)取得
取得日
  平成23年1月28日        

●垂直入射時の反射波の位相

反射波の位相は超音波が伝搬してきた媒体の音響インピーダンスと反射源の音響インピーダンスで求められる反射率の符号により正転または反転波形となる。

●位相カラー設定

位相反転の性質を利用して欠陥の種類を精度よく識別するために使用する探触子の正転位相での波形(基準波形)と欠陥などからのエコーの波形の比率を極座標系のθ座標で、エコー高さをR座表で表したカラーチャートを用いた設定。反射波の位相と強度(エコー高さ)を識別表示できる。
 
 
カップ内に金属と紙を入れ、エポキシ樹脂で固めた試験片を
試験片の上面から超音波を入射しX-Y走査により探傷を行った。
 
 
注)銅中アルミナからの反射波の位相は、縦波の入射角により正転から反転に変化する。垂直入射の場合は反射率はマイナスとなり位相は反転するが、全反射臨界角に近づくと符号はプラスになり位相変化は無い。適当な入射角になる球面探触子を用いて探傷すれば、アルミナからは正転(反転しない)反射が得られる。

 炭素繊維強化プラスチック積層板のマトリックスクラック検出方法(特許 第4583550号)取得 取得日
 平成22年9月10日 

●マトリックスクラックとは?
トランスバースクラックともいいCFRPの積層間に最初に発生する
疲労損傷で繊維の縦方向に進展するクラックです。
トランスバースクラックと層間剥離が交互に進展していきます。

●検出法

1、従来法では試験体に造影剤を注入し、X線透過試験を行い、影写を
  観察。
2、従来法の問題点は試験体に造影剤を入れる端面が必要でタンクや
  容器類のようには注入面がないものは探傷できない。
3、炭素繊維強化プラスチック特有の材料ノイズ(積層界面や繊維及び
  微小ボイドなどの反射)の影響でクラックの識別性が低下する場合
  もあるが、焦点型探触子を用いて疲労試験の前後で探傷を行い、探
  傷結果画像を比較することで、クラック発生の有無が確認できる。

   
 十字試験片の探傷

円筒試験片の探傷
非接触媒質超音波探傷システム 
空中超音波探傷装置による人工欠陥検出方法

●空中超音波探傷とは?
超音波探傷においては接触媒質が必要とされてきましたが、この探傷方法の場合は接触媒質を必要とせず、空中を超音波が伝搬します。

●空中超音波の利点

・製品本体に接触媒質がつかない。
・水・油等に適用できないものも探傷できる。

●システムブロック図(例)




検査機器ニュース(H-ⅡAとNDT)2005年

※詳しくは製品情報をご覧ください


φ9㎜、φ7㎜、φ5㎜、φ3㎜の紙製人工欠陥を貼り付けた樹脂板試験片を送受信の探触子を配置したスキャナーを用いて探傷し検出状況を確認した。

φ3㎜人工欠陥では健全部との識別は十分可能であった。 
 Copyright(C)2011 Gnes Corporation All rights reserved